面白いブログに絶対にある2つの要素

2018年9月8日

面白いブログとはいったいなんなのか?面白いブログを書くためには何をするべきか?


どーも、中村です!


今日は面白い記事とはどんな記事なのか?ってことを話していきたいと思います。


役に立つ記事?


ブログをやっていると色々と考える事があると思います。

訪問者さんが役に立つ記事を書いた方がいのか?それとも、好き勝手に日記や日ごろ思った事を書くブログがいいのか?


世の中にはいろんなサイトやブログがあって、他にもTwitterやFacebook、youtubeとか面白いものから面白くないものが…たくさんあるけど、やっぱり読む側としては役に立つ情報のほうがいいのかな…?


でもそれって一部の考えでもあり、youtubeのように面白い動画を毎日更新してるユーチューバーがいて、それが好きで毎日見ている人もいます。


何が正しくて何が間違ってるとかないから色々と試していけばいい事だけど、やっぱり面白いから読みたい!世界観が好き、だからまたブログに来ました!


っていう状況が作れたら一番よくないですか?俺自身も面白いブログが書きたいわけですし!


アクセスの話だけなら確実に相手の役に立つ情報の方がアクセスが上がりますが、それだけではリピーターにはなりません。


無言でも成立する


やっぱり面白い人のブログって何回も見に行くし、好きなユーチューバーもいてよく見に行きます。


ヒカキン、セイキン、東海オンエア、カリブラ、水溜り、フィッシャーズ、オルタナ…


上記のユーチューバーの人たちは毎日動画を更新して、面白い動画もあれば、なーーーーんにも面白くない動画をアップすることもあります。

でもなぜか人柄とか、雰囲気とか、動画を見てて面白いし、面白くない動画でも面白い?って感覚で見れます。

そう考えると、面白い面白くない関係なく、大切なことは毎日更新することや人柄とか雰囲気が大切なんじゃないかなって思います。


例えば、友達と2人で遊んだ時に無言の時間とかありません?2人がマンガを読み始めたらそういった状況になって…


家で1人で読めば?って!笑

あっ!違う違う!

無言でも成立してしまう一緒にいて楽しい感覚。


うまく説明できないけど、無言でも成立する仲の良さってありません?そんな何時間も無言とかじゃないですよ(^^)

夫婦とかも好きだから一緒にいますよね?つまらなくても一緒にいるし、楽しい時もあるし、無言な時もありますよね?


うーーん…

とにかくなんとなく好きだから面白くなくてもずっと一緒にいられるというかなんというか…


そういったブログがまた読みたくなるブログ、面白いブログなんじゃないかな。


なんか好きだからブログ来たよ的な!この、【なんか】を説明できないけどなんか好きってあると思います( ̄▽ ̄)

あーーーー!
なんかうまく説明できないこの感じ!

悔しい(ー ー;)


俺のイメージで言うと、親友や夫婦みたいな仲。


なんか今日もやる事ないけど遊ぼうぜ!一緒に過ごそうぜ!

そんな親友的、夫婦的な感覚なブログってまた読みませんか?


暇だったから今日もブログ見に来てやったぜ!みたいなね(^^)



じゃあそれをどう書くかって言うのは答えはないけど、

読者の価値観と感情


【面白い=笑える】

そういった面白いじゃなくて、なんか読んでて雰囲気が好き何かわからないけど面白い、世界観が好き…なんて言うのかなぁ?


とりあえずなんか面白いから読んでる!


特に理由はわからないけど読んじゃうブログってありませんか?そういったなにかわからない身近な感じのブログって面白いんなんじゃないかなって^_^

役に立つ情報とかはアクセスが集められるかもしれません。訪問者さんに喜んでもらえるかもしれません。

でもそういった情報って解決したらもう読まなくなったりしませんか?


例えば、ブログの作り方を調べてて、作り方がわかったらもういかないよね?

じゃあ次はオススメのテンプレートとかないかな?
よし!調べるか!

プラグインは何がいいかな?
よし!調べるか!

よーーし!すべて解決!

ってなったらもうそのブログには行かなくなりません?

まぁもし行ったとしても記事を読むっていうより解決策、わからないところだけを見るとかじゃないですかね?

あそこどーやって設定するんだっけ?ちょっとあのブログ見にいくか!的に|д゚)


でもその教え方が面白かったらまた行きませんか?教え方が独特で【なんか】面白い!

この【なんか】面白いが大事なんですけど、でもこれって読者が決めることなんだよね(ー ー;)


だから面白いブログっていうのは最終結論は相手の価値観なんです。

だからターゲットっていうのも大事になってきます。


子どもに向けて書いてるのに、難しい話をしても面白いと思ってもらえないじゃないですか?子どもには子供が面白いと思う話があるし、つまらない話もある。

なので、しっかりとターゲットを意識しなければなりません。



ただ、俺が思うのはやっぱり自分らしさが出てるブログが面白いブログなんじゃないかなって思います。ターゲットを意識しているのは当たり前ですからね(^^)

新聞を読むよりはテレビのワイドショーの方が面白いし、コメンテーターとかもいて、いろいろな意見があって面白くないですか?


はっ!わかりました!

なんか面白いっていうのは、感情があるブログです!

新聞って無感情じゃないですか?

コラムとかもあるから好きな人は好きかもしれませんが、コラムって感情がありますよね?

ってところで、最終的に行き着くのは面白いブログに絶対ある要素は感情が入っているってことです^_^


ただ事実を淡々と書いているブログにあなたのブログはなっていませんか?

面白いブログにある要素とは?


・ターゲットを意識している
・読者が知りたい情報が書かれている
・感情が入っている



まとめてしまうと

・知的好奇心が満たされる記事
・感情を揺さぶられる記事


このふたつです。


それではまた(^^)


メルマガでも色々と語っているので登録してね!

⇒無料メール講座




骨っこをかじるコロスケとマッシュ!


骨っこが大好きで近づくとマジ切れするマッシュ!






コロスケはぜーんぜん怒りません!



スポンサーリンク