SSL化を完全にするためにワードプレスのURLを変更しよう

2018年9月21日

どーも、中村です。

前回Xserver(エックスサーバー)でSSL化を無料で簡単に導入する方法では、Xserver(エックスサーバー)側での操作でしたが、それだけではまだSSL化は不完全なので、今日はその続きになります。

ただ、まだXserver(エックスサーバー)側での作業ができていなかったり、作業はやったけどまだサイトが表示されていなければ、Xserver(エックスサーバー)でSSL化を無料で簡単に導入する方法で作業をしてもらい、サイトが表示されてから次の作業に進んでください。


っていうところで、表示がされたら次はワードプレス側の作業になります。


ワードプレス設定からURLをhttpsに変更しよう


Xserver(エックスサーバー)でSSL化をしたらワードプレスで次の作業を行っていきます。

ワードプレスダッシュボード⇒『設定』⇒『一般』をクリック。



【WordPressアドレス(URL)】と【サイトアドレス(URL)】の両方を『https』のアドレスに変更。


入力を終えたら下にスクロールして「変更を保存」をクリック。



これで、ブログのSSL化は完了になります。



ただ、以前からブログをしている場合はこれだけではまだ緑色で『保護された通信』とは表示されない場合もあります。



ウィジェット(サイドバー)に貼り付けた画像のURLがhttpのままだとダメですし、内部リンクや記事に使っている画像のURLもhttpのままでは緑色で『保護された通信』とはなりません。

今まで使ってきたURLをすべて『https』に変更しないといけません。


1つ1つ変更するのってめっちゃ面倒くさそうでしょ?


今からブログを作る場合はXserver(エックスサーバー)とブログ設定で初めからSSL化を導入しておけば簡単にSSL化ができるのですが、昔からブログをやっている場合は全部見直さないといけませんが・・・

大丈夫です!


プラグインを使えば一括で置き換えることができますので(^^)/


ってところで、今日はここまで!

次回の記事でプラグインを使って『http』を『https』に一括で置き換えていきましょう。

ちなみに使うプラグインは『Search Regex』というプラグインです。

待てない場合はすいませんが使い方などを自分で調べてください(^^)

方法についてはなるべく早く更新しますので少々お待ちを!

更新しました。
↓↓
【Search Regex】を使って「http」から「https」に一括で置き換えよう!SSL化は難しくありません!


ではでは。


無料プレゼント


どーも、中村です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

もし少しでもネットビジネスに少しでも興味があるのであれば、今回のプレゼントはネットビジネスのとっかかりになるので、受け取ってください(^^)/

30分で1万円を稼ぐ方法を解説したマニュアル

プレゼントを受け取る




スポンサーリンク