Gmailアドレスの裏技!一つのアドレスで複数のアドレスを使いこなせ!

2018年9月8日

前回【Gmailアドレスの取得方法】を解説しましたが、今日は、その作ってもらった一つのアドレスで複数のアドレスとして使う裏技の紹介です。

具体例として、12345678@gmail.comというアカウント(アドレス)を持っていたとします。

方法1

【アドレスにピリオドをつける】
1234.5678@gmail.com
1234567.8@gmail.com
1.2.345678@gmail.com

こんな感じで【ピリオド】をつけて使っても
「12345678@gmail.com」宛てにメールが届きます。


方法2

【アドレスに『+(プラス)』をつけ+(プラス)以降には英数字を入れる】

12345678+abc@gmail.com
12345678+123@gmail.com
12345678+as4@gmail.com

+(プラス)以降は英数字ならなんでもOK!

方法3

【@以降をgooglemail.comにする】

12345678@googlemail.comに送信しても
12345678@gmail.comにメールが届きます。


試しにあなたの持っているGmailのアドレスに
3つの方法のどれかを使ってテスト送信してみてください(^^)/

たぶん届くはず!!


ちなみに、この方法を使うことでTwitterのアカウントを複数作ることもできます。


Twitterは基本的に一つのアドレスで、一つのアカウントしか作れませんが、この方法を使うと、一つのアドレスに【ピリオド】【+(プラス)と英数字】などを入れてTwitterに登録するだけで複数のアカウントを作ることができます。

しかもちゃんと1つのアドレスにメールも届くので、わざわざたくさんGmailのアカウント(アドレス)を取得する必要がありません。


ってことで、もしTwitterなどを作るときはかなり使える方法ですので試してみてね(^^)/


スポンサーリンク