モノマネ芸人とアフィリエイターはパクってなんぼ?

2018年6月21日

どーもどーも!中村です!

よく寝る前とかにYouTubeでお笑い芸人を見るのですが、最近モノマネ芸人をみてて、アフィリエイターに似てるなって感じたんですよ!

どう言うことかと言うと、モノマネ芸人ってとにかくモノマネしますよね?

声を真似て、どれだけ似てるかとか、仕草とか…

「あーそれそれ!そんなこと言うよね~」とか。

あと本人が言わないシリーズとか、言ってそうで実は一度も言ってなかったりとか、過剰な動きとか!笑


コロッケさんとかは過剰な動きがありますよね?五木ひろしのロボットのやつとか!笑

きんたろうさんもかなりダンスがキレッキレやしさ!笑


モノマネ芸人はいかに声を似せるとか、動きや、仕草など本人の映像や音声を研究して、練習して、本番でやるんですね!


と、まぁモノマネの話じゃなくてアフィリエイターに似てるって話なんですが、アフィリエイターも情報発信していく上でどこかで勉強しています。

それが例えば本だったり、情報商材だったりと様々ですが、そこで覚えたことをブログやメルマガで発信しています。


言い方が悪いけどほとんとがパクリ( ̄▽ ̄)


本とかで覚えたことをマネて情報発信をする。

いい情報を見つけては、自分なりに言い換えて、読者に分かりやすく伝えます。


ただ、大事なことは、パクってもいいけど自分なりに言い換えてるってことです。


普通にパクるだけならただのパクリ芸人なんで!


俺が思うに、最初はパクリでもいいんです!

モノマネ芸人も最初はいかにクオリティが高いかが重要なんですから!

きんたろうさんなんてうまいからすぐ人気出ましたよね?


でもそれだけではダメで、モノマネだけだといつかは飽きられるし、いろんなレパートリーも必要になってきます。

アフィリエイターも同じで人のマネばかりしているといつかは飽きられます。


芸人は最終的にはトーク力が必要です。

司会ができたり、話を面白くしたりと…


スベらない話とかすごいですよね?ストーリー仕立てで、見ている人を惹き付けます。


アフィリエイターも最初はモノマネでも、最終的には、文章力、自分らしさをいかに出せるかが重要で、自分のどこに惹き付けるものがあるか、どこでみんなと差がでるか一度考えてみるのも面白いと思います。

結局は誰かのマネして、表面的なテクニックだけを磨いても意味はないってこと!

自分自身を磨いて個性を出しましょう!


最後に俺は小籔さんのスベらない話が好きです!笑

あの毒舌っぷりがたまりません!


それではまた!!

スポンサーリンク